2025-10-10

※お願い※必ずお読み下さい

こんにちは、はじめまして茜と申します。
なんて素敵にジャパネスクが大好きで瑠璃と高彬のCPが大好きです。悶々と妄想しているうち創作に至りまして取り合えず置き場を作りたいと思いまたなんて素敵にジャパネスクが好きで二次創作も好きという方に読んでいただけたらいいなと思いブログを作りました。 

一部ネタバレにもなる部分が出てくるかと思いますので未読の方はご注意下さい。 このブログは『なんて素敵にジャパネスク』著作者様、出版社様とは一切関係がありません。また創作の無断転用はご遠慮下さい。

更新は管理人が遅筆のためのんびりとしていますがよろしくお付き合いいただけたら幸でございます。
スポンサーサイト
2025-02-20

別冊はじめました

こんばんは、茜です。ご訪問ありがとうございます(*^^*)

拍手やコメントなど大変励みになっております。ありがとうございます!

この度別冊(別ブログ)をはじめました。
新たに用意したのは原作のイメージから外れた作品をどうしようか考えまして続きものをパスワードにかけるのは読むのも面倒ですし苦手な方の目に触れずにすむにはと思いまして作りました。

まずは瑠璃がもし高彬との約束を忘れていなかったらというもしもの話を連載します。
この別冊は毎週月曜日の深夜24時に更新していきますので本誌(このブログ)での案内はしていません。(何かあれば別ですが)
これはこれでご面倒お掛けしますがどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

別冊へは右側のリンクもしくはこちらから↓
空色の雑記帖

本誌では今までどおり平安編、筒井筒編、現代ものなど不定期に更新していきます(^^)
2017-08-11

break time 6

皆さまこんばんは、ご訪問ありがとうございます!

大変ごぶさたしておりました、茜ですm(__)m

前回更新してからだいぶ日数がたってしまい待って下さった方がいらしたら大変申し訳なかったです。

夏休みに入って子供と一緒にいる時間は書けないので創作に費やす時間があまりとれなくて。それと今回更新の間が空いたのは他にもあるのですが下に書いてます。

夏休みが終わるまではさらにゆっくり更新になりますがご了承下さいませm(__)m


えーっと、やっと飴色の最終話が出せました(^^;(この記事の前にアップしています)

書き始めてから一ヶ月以上かかった難産の作品でした。きちんと終わりにしないと次に進めないと思い筒井筒外伝を出したあとは他は出さないと決めたら更新が滞ってしまいまして(--;)

話の流れはイメージしてるんですけどなかなかカタチになってくれず一日に三行書ければいいほうで「このまま書けなくなるかも」とか「完成出来ないかもしれない」なんて思いながらもちょっとずつ書き進めてなんとか『最終話』のカタチに出来上がりました。

時間がかかったわりに普通の話ではありますが少しでも楽しんでいただけたら幸いです。


ここからは最終話を書き終えての感想を少し。未読の方はご注意下さい。

『飴色カルテット』は最初恋愛モノではなく完全コメディのイメージだったんです。ミステリの中でも探偵モノが好きで高彬と瑠璃でなんとか出来ないかと妄想してはじめは瑠璃が探偵事務所の所長で所員は高彬と融の二人だけ。瑠璃に振り回される二人のすっごく短いSSをイメージしてたんです。

それが書き始めたら融でなく煌姫と守弥に代わってました(笑)それに高彬が思いがけず積極的で「あれ?・・・まあいっか」といった
感じに。コメディでなく恋愛モノになったのはやっぱり最初に高彬語りにしたせいでしょうか(笑)

私の中で書いているうちに最初のイメージからだいぶ離れていった作品になったんですけど「物語は生き物だ」と以前読んだことがあるんですがそれを実感しています。登場人物がお話を作っていっちゃうんですよね。

探偵モノらしいことはやっぱり難しく上手くは書けませんでしたが楽しく自由に書きました。最後手こずりましたが出来上がった今はホッとしています。

高彬は司法試験に合格して何になるんでしょうねぇ。弁護士か検事かもしくは裁判官か・・・お好きなように妄想して下さい。私は検事もいいなぁなんて思ってます。探偵の瑠璃さんと検事の高彬で同じ事件に関わることに・・・なんて(笑)

すいません、長々と。完結することができてついいろいろ書いてしまいました。

読んで下さりありがとうございました!別冊の筒井筒外伝もどうぞよろしくお願いします(*^^*)


2017-08-11

飴色カルテット 〈最終話〉

この話は現代もので瑠璃が探偵事務所の所長で高彬はその幼馴染みでそこでアルバイトをしている大学生といったかなり異色の創作です。

続きものでして前作を未読の方はカテゴリの『探偵モノ』からどうぞ。

最終話は瑠璃語りです。

どんな設定でも大丈夫という方はスクロールしてどうぞ↓




・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆





目の前に広がる絶景に息を詰めると後ろを振り返り手を振って叫んだ。

「高彬早くっ!見て!!」

高彬はあたしの隣に来ると

「すごいな」

感嘆しながら呟いている。

あたしたちは今海岸線が一望できる高台に来ていた。

煌のすすめもあり週末に二人きりで旅行をしているんだけどあたしが海に行きたいと言ったら後は高彬が全て手配してくれたのよね。

朝早くから出掛けて小さな水族館に入ったり間欠泉などの観光地をいくつか回ってここへやって来た。

今は一組のカップルとすれ違っただけて辺りに人はいない。

観光地だけど穴場なのかも。

ちょうど夕日が沈む頃合いで海と空の色のグラデーションが美しい。

「綺麗・・・」

あたしも感じたことそのままに呟くと

「瑠璃さん」

「ん?」

海風に舞う髪の毛を片手で押さえながら見上げると真剣な顔をしている。

「先週のパーティーで結婚の約束もしてますなんて言ったけど瑠璃さんにはちゃんと言ってなかっただろ?」

「あ・・・うん」

「今言わせてほしい」

「!」

スッと手を取られると

「瑠璃さん、ぼくと結婚して下さい」

「・・・っ」

急に胸が詰まって声にならないからコクンと頷くと手が引かれ抱き寄せられた。

思った以上に嬉しくて視界がぼやけて瞬きすると頬に涙が伝っていく。

「よかった、嬉しいよ。ずっと夢見てたことが叶った」

高彬の掠れた声が降ってきてそっと背中に手を回してみるとぎゅっと高彬の腕に力が入る。

高彬の香りや触れたところから伝わる温もりが心地よくてしばらく二人で抱き合っていた─────


*****


「煌と守弥大丈夫かしら?」

高台から駐車場へと戻りながらふと気になった。

「あの二人なら大丈夫だよ。それより仕事のことは考えないんじゃなかったっけ?」

「そうでした」

行く前に仕事のことは忘れていようって話していたんだった。

せっかく二人きりで旅行だもんね。

「それにしてもあたしが探偵事務所始めるって言ったときの高彬の顔」

急に昔のことを思い出したらおかしくてふふと笑っていたら

「まさかあんなこと言うなんて思ってもみなかったからね。瑠璃さんにはいつも驚かされるけど瑠璃さんがやりたいことならやったらいいとも思ってたよ」

「高彬にはいっぱい助けてもらっちゃって悪いわね」

頼ってばかりで申し訳なく思っていると

「いいんだよ。好きでやってるんだから」

「・・・」

うーん、あたしは高彬に甘えすぎなんだと思ってたけど高彬にも問題ありよね。

「高彬はあたしを甘やかしすぎるわ。高彬も甘えていいんだからね」

歩きながら見上げると高彬は目を見開いて優しく微笑んだ。

「瑠璃さんの方こそなんでも一人でやろうとするだろ?まだまだ足りないくらいだよ。それに・・・今夜はたくさん甘える予定なんだけど」

意味あり気に見られてドキッとする。

「あっあのね、言っとくけどあたしまだ未経験者だからっ」


自分で言ってしまった。でもなんか勘違いされてたらイヤだし・・・

「うん、知ってる」

高彬はなんでもないようにこたえた。

「えっ?なんで!?なんで知ってんのよ!」

「覚えてないの?」

前にあたし自分から言ったってことよね?そんなことを・・・?思い出せないわ。

「・・・うん」

素直に返事をすると

「瑠璃さんが元カレと別れてぼくが慰めてたときに自分で言ってたじゃないか。かなり酔っぱらってたけど」

「そ、そうだっけ?あはは」

なんだか恥ずかしくなって笑ってると

「まったく、好きな人からそんなこと聞かされるぼくの身にもなってほしいよ」

「す、すいません」

うわー、あたし何言ったか全然覚えてないけど聞くのもなんだか怖い。

少しだけ先に進んだ高彬が振り返るとにっこり笑って

「瑠璃さん、外で飲みすぎちゃダメだよ」

うっ目が笑ってない・・・気を付けよ────

でもこんなあたしのことを好きだと言って結婚までしようってんだからほんとあたしってば果報者よね。

しみじみ高彬の横顔を見てると何?といった感じで見られた。

「あたしは幸せだ者だなぁと思って」

ニッと笑うと高彬はパッと赤くなって俯いた。

あ、照れてる。

「ほら、旅館に行くよ」

ぶっきらぼうに言うと車に乗るように急かされた。

こんな高彬久々に見るかも。なんとなしに嬉しくなる。

旅行に来てよかった、煌に感謝だわ。


*****


旅館に着くと時間も時間だし食事を先にとりその後温泉に入ることにした。

久々の温泉に満足して出ると男湯の前に置かれたベンチに高彬が座っている。

壁に貼られたポスターを見ながらコーヒー牛乳を飲んでいるんだけど・・・なんかすっごく色っぽい。

濡れた髪とか喉のラインとか浴衣の合わせのところとかが!

高彬の前を通りすぎる女の子三人組もチラチラ見て少し行くとキャーなんて言ってる。

ハッ、女のあたしのほうが全然色気が足りないかも。

煌が「横になれば大きさなんか────」なんて言ってたから油断したわ。もっとガッツリ寄せて上げるヤツにしとくんだった・・・

一人後悔していると

「あっ、瑠璃さん」

あたしに気付いた高彬がにっこり笑って声をかけてきた。

「待っててくれたんだ」

「うん、瑠璃さんも何か飲む?」

「じゃあフルーツ牛乳」

ベンチから立ち上がるとあたしを見下ろして

「やっぱり正解」

「へ?何?」

「こっちの話」

そう言うと嬉しそうに自動販売機へと歩いて行った。

なんか機嫌いいわね。あたしが何飲むか予想してたのかしら?

二人でベンチに座り他愛もない話をして少したつと「部屋に帰ろう」と言われ手を繋いで歩き出した。

繋がれた手に目を落としてふと思う。

あんまり意識したことなかったけど高彬ってわりと手を繋ぐほうだわね。

もちろんイヤじゃないけどなんていうかくすぐったい気持ちになる。

部屋に着いていてドアを開けその先にある和室の襖を開けるとドキッとした。

布団が二組敷かれていたんだけどピッタリとくっついているのだ。

恋人だと思われてるってことだけどなんだか余計に意識しちゃうじゃない。

部屋に入ってもまだ繋いだままだった手を離そうとしたらきゅっと力を込められた。

「今日は・・・いいんだよね?」

目が合うと心臓の鼓動が一気に加速してしどろもどろになってしまう。

「えっと、その・・・」

思わず俯くと頬に手を添えられて上向かせられた。

「ダメなの?」

わっ、そんな目で見ないでー!

いつもより色気が増してるうえに不安そうな目で聞かれたらダメなんて言えない。というか言いたくなくて

「だ、だめじゃない。大丈夫よ」

返事をしたとたんに手を引かれて布団の上まで連れてこられた。

ストンと二人座ると顔が近付いてきて頬にキスをされくすぐったさに軽く肩をすくめると今度は唇にキスをされる。

二度三度と繰り返すと唇は触れたままゆっくり押し倒された。

一旦離れると覆い被さった高彬を見上げてみる。

「瑠璃さん・・・愛してる」

あたしを見つめる眼差しに胸の奥がきゅっと締め付けられるようで頬に手を伸ばしてそっと撫でた。

「あたしもよ、高彬────」

────大好き

最後まで言い終わらないうちにまたキスされ角度を変え徐々に深くなるとそれだけでクラクラしてくる。

浴衣の合わせに手がかかり慌てて高彬の手を掴んむと心配そうに聞かれた。

「やっぱり怖い?」

「違うの。部屋が明るくて、暗くして欲しい」

「あ、ごめん。緊張してたかも」

どこか照れたように笑うと部屋を暗くしてくれた。

さっきまで緊張して仕方なかったのに高彬も一緒なのかと思ったらホッとして再び覆い被さられると自分から背中に腕を回してみる。

浴衣を脱がされ素肌に触れる唇や手がくすぐったかったり熱かったりして初めての感覚に戸惑ったりもしたけど高彬は最初から最後までずっと優しかった。

ひとつになるときすっごく痛くて高彬を少し困らせたけどコトがすんだらぎゅっと抱きしめられてなんだか幸せで─────

そのまま眠ってしまった。


*****


唇に何かが触れた感触がして目を覚ますと目の前に高彬がいた。

「ごめん、起こすつもりはなかったんだけど」

あ、今高彬が────

あたしは嬉しくて顔を近付けると自分からもキスをする。

するとぎゅっと抱き締められ頭の上から高彬のくぐもった声がした。

「瑠璃さん・・・あのさ」

「ん?」

「結婚のことだけど卒業するまで待って欲しいんだ」

「もちろん、あたしもそう思ってたわ」

「ありがとう。それで結婚は先なんだけどその・・・一緒に暮らさない?」

「えっ!?」

ビックリして顔を上げると

「水無瀬さんとのこともあるだろうから瑠璃さんの好きなようにしてくれていいんだけどただ・・・」

手をとられ指を絡ませると肩のあたりに顔を埋めて囁く。

「瑠璃さんとできるだけ一緒にいたいなって思ったんだ」

「高彬・・・」

一緒に暮らす・・・かぁ。

「うん、考えてみる」

「よかった」

高彬の嬉しそうな声がすると絡めた指が布団に押し付けられ顔が胸の方へと下がっていく。

「ちょっ、高彬?」

コトがすんだ後そのまま眠っていたからお互いまだ裸なのだ。

「今のうちに瑠璃さんにたくさん触れていたい」

「あっ・・・」

触れられたところから徐々に熱が増しまたしても仲良くなったのでした。


─────数ヵ月後

「もうっ!高彬のせいで遅刻しちゃう」

「それは瑠璃さんが寝坊したからで」

「寝坊の原因を作ったのは誰よっ」

身支度をしながら部屋を歩き回っていると高彬はコーヒーを飲みながらしれっとして

「早くしないと依頼人来ちゃうよ」

今朝は捜査中の仕事の途中報告のため依頼人が事務所に来ることになっているのだ。

鞄と上着を引っ付かんで玄関へと走ると

「瑠璃さん、忘れもの」

「へ?・・・!」

後から来た高彬に両頬を掴まれキスをされた。

「んっ・・・」

深く侵入され思わず高彬のシャツを掴むとやっとのこで解放される。

「長い!」

恨みがましく睨むとにっこり微笑んで

「いってらっしゃい。ぼくも今日は後で行くから」

「・・・いってきます」

玄関を出ると慌てて事務所に向かう。

事務所の近くにマンションを借りて一緒に暮らすようになったんだけどすっかり高彬のペースだわ。・・・ってその前からだったわね。

探偵事務所は相変わらず零細で高彬も卒業まではと手伝ってくれている。

司法試験に合格して自分だって忙しいのに。

なんとか守弥には続けてもらえるようになったからよかったけど早く人探さなくちゃ。

信号で立ち止まるとすっかり秋模様の空を見上げて思いきり息を吸い込む。

よーし、今日も頑張るぞー!

青に変わるとあたしはまた走り出した────


【おしまい】

飴色カルテット最終話までお付き合いいただきありがとうございました!
2017-07-22

別冊更新しました 〈蒼玉の巻〉

どうも、茜です。ご訪問ありがとうございます(*^^*)

ただ今『らぶらぶ万歳サークル』さまで夏の競作大会が開催中でございます。他の方々の素敵な作品の中に拙文も参加させていただいております。

もう読まれた方もいらっしゃると思いますが私は「紫陽花」のお題でタイトル「夏空」を出してます。よかったら読んで下さいませ。


別冊『空色の雑記帖』に「筒井筒外伝〈蒼玉の巻〉~月夜~」アップしました。

このお話は高彬と婚約する前に瑠璃が入内してしまったらのもしもの話です。瑠璃が入内するのはイヤという方はご遠慮ください。

高彬×瑠璃ですのでもちろん最後は結ばれる二人ですが途中高彬がせつないです。そういうのはちょっとという方もご注意ください。

高彬語りですので鷹男と瑠璃が仲良くするシーンはないです。

高彬ごめんね(>_<)この埋め合わせはいつかかならず(笑)

飴色カルテットの最終話は書いてる最中なのですがこちらが先に出来上がってしまいました(^^;

〈蒼玉の巻〉興味のある方はリンクからどうぞm(__)m