2025-10-10

※お願い※必ずお読み下さい

こんにちは、はじめまして茜と申します。
なんて素敵にジャパネスクが大好きで瑠璃と高彬のCPが大好きです。悶々と妄想しているうち創作に至りまして取り合えず置き場を作りたいと思いまたなんて素敵にジャパネスクが好きで二次創作も好きという方に読んでいただけたらいいなと思いブログを作りました。 

一部ネタバレにもなる部分が出てくるかと思いますので未読の方はご注意下さい。 このブログは『なんて素敵にジャパネスク』著作者様、出版社様とは一切関係がありません。また創作の無断転用はご遠慮下さい。

更新は管理人が遅筆のためのんびりとしていますがよろしくお付き合いいただけたら幸でございます。
スポンサーサイト
2025-02-20

別冊はじめました

こんばんは、茜です。ご訪問ありがとうございます(*^^*)

拍手やコメントなど大変励みになっております。ありがとうございます!

この度別冊(別ブログ)をはじめました。
新たに用意したのは原作のイメージから外れた作品をどうしようか考えまして続きものをパスワードにかけるのは読むのも面倒ですし苦手な方の目に触れずにすむにはと思いまして作りました。

まずは瑠璃がもし高彬との約束を忘れていなかったらというもしもの話を連載します。
この別冊は毎週月曜日の深夜24時に更新していきますので本誌(このブログ)での案内はしていません。(何かあれば別ですが)
これはこれでご面倒お掛けしますがどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

別冊へは右側のリンクもしくはこちらから↓
空色の雑記帖

本誌では今までどおり平安編、筒井筒編、現代ものなど不定期に更新していきます(^^)
2017-10-16

更新のこと

こんばんは、茜です。
本日の午前中にアップしました記事、お話は思うところがありましてすいませんが一旦引き上げさせていただきます。読んで下さった方、拍手ボタンを押して下さった方大変申し訳ありません。削除はしていません、拍手をいただいた記事を消すなんてことは出来ないので。お話はまた後程アップいたします。
ブログ村に更新情報が載ったままでご迷惑をおかけしますがどうかご了承下さいませ。
2017-09-04

別冊更新しました〈蒼玉の巻〉

どうも、茜です。ご訪問ありがとうございます!
長い夏休みもようやく終わったというのに夏の疲れが出てヘロヘロの私です(^^;

別冊で『筒井筒外伝〈蒼玉の巻〉~再会~』をアップしました。連載ものだというのに広告が出てしまうほど長く間が空いてしまって申し訳ございません(汗)
以前〈紅玉の巻〉と交互に出しますと言っていたのですが〈紅玉の巻〉は書いてる途中で語りを変更しようか等々ありまして先に〈蒼玉の巻〉が出来上がってしまったのでこちらをアップ致しました。

瑠璃が入内した話となっておりますのでそういった話が苦手な方はご注意下さい。大丈夫な方はこちら『空色の雑記帖』もしくはリンクからどうぞm(__)m

更新が滞っていた間も拍手を押していただけて嬉しいです!ありがとうございます(^^)これからもどうぞよろしくお願いします♪
2017-08-11

break time 6

皆さまこんばんは、ご訪問ありがとうございます!

大変ごぶさたしておりました、茜ですm(__)m

前回更新してからだいぶ日数がたってしまい待って下さった方がいらしたら大変申し訳なかったです。

夏休みに入って子供と一緒にいる時間は書けないので創作に費やす時間があまりとれなくて。それと今回更新の間が空いたのは他にもあるのですが下に書いてます。

夏休みが終わるまではさらにゆっくり更新になりますがご了承下さいませm(__)m


えーっと、やっと飴色の最終話が出せました(^^;(この記事の前にアップしています)

書き始めてから一ヶ月以上かかった難産の作品でした。きちんと終わりにしないと次に進めないと思い筒井筒外伝を出したあとは他は出さないと決めたら更新が滞ってしまいまして(--;)

話の流れはイメージしてるんですけどなかなかカタチになってくれず一日に三行書ければいいほうで「このまま書けなくなるかも」とか「完成出来ないかもしれない」なんて思いながらもちょっとずつ書き進めてなんとか『最終話』のカタチに出来上がりました。

時間がかかったわりに普通の話ではありますが少しでも楽しんでいただけたら幸いです。


ここからは最終話を書き終えての感想を少し。未読の方はご注意下さい。

『飴色カルテット』は最初恋愛モノではなく完全コメディのイメージだったんです。ミステリの中でも探偵モノが好きで高彬と瑠璃でなんとか出来ないかと妄想してはじめは瑠璃が探偵事務所の所長で所員は高彬と融の二人だけ。瑠璃に振り回される二人のすっごく短いSSをイメージしてたんです。

それが書き始めたら融でなく煌姫と守弥に代わってました(笑)それに高彬が思いがけず積極的で「あれ?・・・まあいっか」といった
感じに。コメディでなく恋愛モノになったのはやっぱり最初に高彬語りにしたせいでしょうか(笑)

私の中で書いているうちに最初のイメージからだいぶ離れていった作品になったんですけど「物語は生き物だ」と以前読んだことがあるんですがそれを実感しています。登場人物がお話を作っていっちゃうんですよね。

探偵モノらしいことはやっぱり難しく上手くは書けませんでしたが楽しく自由に書きました。最後手こずりましたが出来上がった今はホッとしています。

高彬は司法試験に合格して何になるんでしょうねぇ。弁護士か検事かもしくは裁判官か・・・お好きなように妄想して下さい。私は検事もいいなぁなんて思ってます。探偵の瑠璃さんと検事の高彬で同じ事件に関わることに・・・なんて(笑)

すいません、長々と。完結することができてついいろいろ書いてしまいました。

読んで下さりありがとうございました!別冊の筒井筒外伝もどうぞよろしくお願いします(*^^*)